10月 7th, 2012 at 4:10 PM by admin

探偵や調査会社を探す手段には、チラシや広告、ホームページなどがあります。多くの方がそれらを目にし、「よく作られている」という理由で、その業者に仕事を依頼したりしますが、ここでも注意が必要です。

なぜならそれらの広告には、まれに、嘘の宣伝や、誇大広告、他社のホームページの内容を盗作しあたかも自分の事務所のもののように使っているものがあるためです。例えば、持ってもいない機材を持っているかのようにホームページに並べることや、調査員の数を水増しし「これだけの調査員が活躍している」ということをアピールするかのように作っているなど。このようなことはパソコンの知識がそこそこあれば、いくらでも作れるものです。

他には実際の料金設定と記載された料金が全く違うということもありますし、「トラブル0、ほぼ100%成功」など、確実に嘘と思われるような信憑性のない数字を並べることもあります。事務所もないのに嘘の所在地を記載したり、支店がいくつもあるように見せかける業者もいます。